ブログ

BLOG
2017/11/29

1/20スケールの厨房機器で厨房設計! アナログだからできることがあります!!

最新の厨房設計技術といえば、やはり3D CAD( Three-dimensional Computer-aided design)。
確かに立体的に表現されたレイアウトには説得力がありますし、お客様やスタッフの動きを動画で再現することも可能です。
日進月歩どころか秒進分歩とさえ言われる技術の進化は素晴らしいものがあります。
平面に書かれた図面や2D(二次元)が当たり前だった時代に比べると隔世の感は深まるばかりです。

 

 

 

ただ、厨房設計など本格的な 3D CAD はまだまだソフトも高価ですし、操作にも専門的な知識を要します。
お客様と綿密な打ち合わせを経て作成されるものの、必ずしもイメージ通りにできるとは限りません。
訂正も、その場で作業をするというわけにはいかず、もどかしい思いをしたという声も聞きます。

 

そこでキッチンシティー名古屋では、1/20スケールで厨房機器を再現!

 

 

 

同様に1/20スケールで書かれた厨房の平面図に置くことで、簡単に厨房の立体的なイメージをしていただけます。
厨房機器や設置によって生じる高低差はもちろん、動線や使い勝手もイメージしやすく、ご好評をいただいています。

 

 

何だか昭和レトロなアナログ感満歳という感じもしますが、これがいいのです。
その場でレイアウトを変更することも可能ですし、特注サイズも何でもその場で対応可能。

 

キッチンシティー名古屋は、お客様をお待たせしません!

 

調理に携わる方にとって厨房は真剣勝負の仕事場。
しなくてもいい妥協をする必要なんてありません。
ご納得いただけるところまで、キッチンシティー名古屋はお手伝いさせていただきます!

 

 

また、あらかじめ厨房機器の型番やサイズがおわかりでしたら、事前にお知らせいただければ、ご来店いただくまでにご用意させていただきます。
貴重なお時間を無駄にしないことも、お仕事には大切なこと。
もちろん、ご予定されている厨房の広さなどもお知らせいただければ、1/20スケールの図面でご用意。
あれこれ考えながら、理想の厨房を構築してください。

 

 

厨房設計で、大枠のセッティングは決まったものの、細部の棚やちょっとしたスペースの利用まではなかなか難しいものがあります。
ステンレス製品などのオリジナル品も、お求めになりやすいお値段でご用意することも可能です。
このスペースにこんなものがあったら、こういう風に便利では…といったご提案も積極的にさせていただきます。
もちろん、何よりも実際にご利用いただくお客様のことを一番に考えて。

 

“素材力・コーディネート力・提案力のカワサキ”です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。